2016年4月

now browsing by month

 

1か月で売れた!?マンション売却の秘訣とは

大切なパートナー選び

マンションの売却は、あなたの人生で最も高額な取引の一つとなるでしょう。そんな一大決心を二人三脚で支えてくれるパートナー選びは、最も重要なポイントの一つと言って過言ではありません。売り手であるあなたに寄り添って親身に動いてくれるパートナーを選びましょう。パートナーとなる不動産業者として、最近では販売専業の不動産業者がネット上に登場しています。100%売り手に寄り添って活動してくれるのは心強い限り。そうした業者を候補の一つに加えて検討してみてはいかがでしょうか。

マンション販売もタイミングが大切

中古マンションが動く時期というものがあります。典型的な時期としては1月から3月があげられます。就職、転勤、転職などの理由で4月からの新生活に向けて、新居を探す買い手が増える時期でもあります。この時期は、不動産業者も隠し玉を投入してくるため、ライバルが多くなることは否めません。それでも、検討者の絶対数が多い時期を狙うのは十分に合理性のあることです。販売物件の周辺マンションの動きも重要な要素の一つです。ライバルの少ない時期を狙うか、類似物件に敢えてぶつけて条件や価格の優位性を出すことも検討するべき案件の一つです。

物件を魅力的に見せて第一印象をアップ

よほど素材に自信があるのならともかく、お見合いパーティーに行くのに、すっぴんノーメイクに普段着で行く人はいませんよね。中古マンションだって同じです。適切なおめかしをすることによって、素材の良さを引き出し、欠点を目立たなくすることが可能です。中古マンションに家具などを配置し、まるで新築マンションのショールームのように仕立てあげるホームステージングサービスなどを上手に利用して、第一印象アップに努めましょう。マンション売買も一期一会。部屋に入って数秒の第一印象が購入の決め手になることも多いのです。

マンションの売却を円滑に行うためには、ウェブサイトで見積もりを依頼するべきです。その上で満足できる業者を選んで、売却を進めるのが良い方法です。

年々便利に!賃貸マンションの新しいサービス

二十四時間ゴミ出しができるゴミステーションは便利

毎週決まった日にしかゴミが出せないのは困りものですよね…。ゴミの時間になれば、近所の人に顔を見られてしまうのも嫌なものです。女性ならゴミ出しのためだけにお化粧をしなければならないこともあるでしょう。賃貸マンションはその点でも便利になってきています。ゴミステーションを設置している賃貸マンションなら、二十四時間いつでも好きなタイミングでゴミ出しができます。ゴミ出しの際に人に会う確率も減らせるので最高ですよね。

ディスポーザーがあれば生ごみの処理に困らない

賃貸マンションでは、生ごみの処理に困ることも少ないです。なぜなら、ちょっとレベルの高いマンションにはディスポーザーが付いていることがあるからです。ディスポーザーがあれば、生ごみを粉砕して、そのまま下水道に流すことができます。いちいち三角コーナーを設置して毎日出る生ごみの管理をしなくてもよくなります。賃貸マンションでは、生ごみを冷凍して悪臭予防をしている人もいますが、ディスポーザーがあればそうした行為は必要なくなります。

防犯カメラが設置されているマンションも増加中

賃貸マンションの中には、防犯対策に力を入れているところもあります。女性が一人暮らしをするときには、こうしたマンションを選ぶのがセオリーでしょう。防犯カメラが設置されているマンションなら、不審者の情報を住民で共有することができます。ストーカーの被害を事前に予防することができるので便利でしょう。オートロックがついていたり、高い塀が設置されていたりして、安全面では一戸建てを凌駕しています。二階以上の部屋なら、犯罪とは無縁でいられますね。

賃貸紹介サイトと言うものがあります。自分の好みの条件の物件をピックアップしてくれ、さらにメールアドレスを登録すれば定期的に情報を発信してくれます。

キッチンの収納スペースを有効活用!マンションリフォームの事例

キッチンシンクの下部分のリフォーム

キッチンの収納スペースが物足りなく感じている時に、ここをリフォームしておいて良かったと言われる事が多いのが、キッチンシンクの下部分です。排水パイプが邪魔になっているせいで、キッチンシンクの下の収納スペースが小さく感じるマンションは日本にも沢山あります。その排水パイプの位置を少しリフォームしておくだけでも、キッチンシンク周りがとても広々として感じられて、収納スペースを有効活用していると感じられます。

頑丈な吊り戸棚をリフォームで取り付ける

自分でも取り付けられる設置型の吊り戸棚と違い、マンションリフォームで取り付けられる吊り戸棚は、かなり頑丈に作る事が出来るのが利点です。大きい鍋だけでなく使わなくなった調理家電など、重たい物も収納しておけるスペースを頭上に作れるだけで、キッチンがとても広々として感じられることでしょう。収納スペースが足りないせいで、押し入れなどに調理家電を収納していた人は特に便利に思えるはずです。調理家電を使いたくなった時にも、キッチンから直ぐに取り出す事が出来ます。

あえてキッチンシンクを小さくするリフォームもある

マンションによってはキッチンシンクが、とても広々として作られている事もあり、広い分だけ調理がしやすいと喜ばれています。しかし人によってはキッチンシンクよりも、収納スペースが広々としている方が嬉しいと感じられる事も多いです。だからこそマンションリフォームを受ける人の中には、あえてキッチンシンクを小さく作り直してもらう人もいます。シンク周りが広々と使えるようになった分だけ、小さな棚などを設置できるようになたりと、収納スペースの大きさにこだわる人達にも好評です。

マンションリフォームの予定があるなら、まずは複数の業者に見積もりを依頼すべきです。納得できる費用や工期、デザインのリフォームを実現することができます。

失敗しないために!賃貸を探す際に知っておきたい3つの事

家賃の相場を調べておこう!

賃貸を探しす際に、家賃の相場を知っておく事はとても重要いなります。なぜなら家賃の相場を知っておく事で、高すぎる物件を選ぶ可能性なくなるからです。さらに安すぎる物件も把握する事が出来るため、注意して見る事が出来ます。相場よりも安すぎる物件は、何かある可能性が高くなりますので、不動産会社の人に聞いて見るのが良いでしょう。家賃の相場は不動産会社や賃貸情報の雑誌などで、確認する事が出来ますので賃貸を探す際には事前に確認しておきましょう。

家賃以外に必要な費用を把握しておこう

毎月かかる費用は、家賃だけではありません。例えば大型マンションなら、家賃以外にも共益費や管理費などが必要になってきます。また駐車場を必要とする場合には、毎月の駐車場代も必要になってきます。他にも、毎月かかってくる光熱費や通勤や通学に必要となる費用なども含めて計算しておくようにしましょう。全てを計算した上で、自分の予算に合う部屋を見つける事がとても重要になりますので、まずは毎月必要となる費用の計算を行うようにしましょう。

家賃を交渉してみよう!

家賃が、もう少し低かったらと思う方も多いのではないでしょうか?家賃は交渉出来るので、やってみましょう。ただし交渉する前は、家賃の相場を知っておく必要がありますので事前に確認しておきましょう。実際に家賃を交渉するのに有効的な時期は、7月から9月になります。その理由として、この時期は引っ越しをする人が少ない傾向にあるため、大家さんは出来るだけ空き部屋を埋めたい思いがあるのです。もしこの時期に賃貸を探している方は、交渉次第で安くなる可能性も高くなりますので試してみましょう。

旭川市の賃貸マンションは、地震に強い賃貸マンションとなっていて、鉄筋コンクリートで造られているので非常に丈夫な賃貸マンションです。

ペットが自由に飼える賃貸は意外に多く見つかる

まずペット相談可物件を探してみよう

ペット可の賃貸は意外に多く見つかりますが、まずはペット相談可の物件を探してみましょう。ペット相談可の物件は、大家さんと相談してから入居を決めるもので、見つけやすくなっているのです。ペットを飼っても他の住人に迷惑をかけないことを約束できれば、入居できることが多いですよ。ただし、ペットの数が多かったり、ちょっと大きなペットだったらダメなこともあるので注意してくださいね。とにかくまず大家さんに相談です。

ペット可の物件は専門のサイトで見つける

ペット可の賃貸はネット上の不動産サイトで、見つけられます。普通のサイトでも良いのですが、ペット可の物件だけを取り扱っているサイトもあるので、そちらの方がお勧めです。専門のサイトだったら、普通のサイトに載っていない掘り出し物の賃貸が載っていることもありますよ。サイトで探す時に、ついでに自分の希望する家賃や場所、広さ、路線なども入力しましょう。そうしたら、自分の住みたい部屋をあっという間に見つけられます。

家賃が少し高いのは辛抱しましょう

ペット可の賃貸の物件は普通の物件よりも、家賃が高くなっていることがあります。ちょっと残念ですが、これは仕方ありませんよね。運悪くペットが部屋を傷めてしまった時に、家賃の高い分は修理費として使われます。高いと言っても極端に高いわけではありませんから、安心ください。物件によって違いますが、2000円から3000円程度高くなることがあります。保険に入ることを求められる場合もあります。それが嫌な場合は、ペットを飼っている人だけが入れる賃貸を探してみましょう。

札幌市北区の賃貸マンションは、テレビモニター付きのインターホンがあるので、訪問者の顔を映像で見ることができます。

規則やルールは必ず守る事!賃貸に定められている各々の決まりごと

賃貸によって規則やルールが違う事

他の賃貸ではペット可の場合でも、違う賃貸ではペットが禁止されている事もあります。同じ賃貸でも定められている規則やルールが全然違っているので、賃貸を選択する場合には慎重に選んでもらいたいですね。あまりにも規則やルールが厳しい賃貸を選択してしまうと快適な生活を実施する事が難しくなる事もあるからです。人として賃貸を利用する場合には、定められている規則やルールに関してはしっかりと守る事が最低限必要ですね。

一般常識を身に付けて賃貸を利用する事

賃貸のルールや規則には詳しく掲載されなくても、一般的な事に関しては賃貸を利用する以上守らないといけません。大きな騒音を発生させない事、異臭の原因になるような事は極力避けるなど一般的な常識はしっかりと身に付けないといけません。近年はこれらの一般常識も守る事ができない方が非常に増えており、不動産屋や大家を悩ませています。賃貸は自分一人しか利用していないのではなく、多くの人が利用しているのでしっかりと守る事が重要ですよ。

もしも賃貸のルールや規則を守れない場合には

人によっては知っているにも関わらず、賃貸のルールを守らない方がいます。もしもルールを守らない場合には、最悪の事態として強制退去を命じされてしまう事もあるので、絶対にルールを守ってもらいたいです。自分だけがいいというのではなく、皆がしっかりと守る事ができれば、多くの人が同じ賃貸で素晴らしい生活を実施する事ができるでしょう。知らない場合でもルール違反をした場合には、相応の処罰を受けるので、絶対に避けなくてはいけないですね。

帯広の賃貸マンションは、毎月の家賃を払うことによって部屋を借りることができる形態の賃貸マンションになっています。

飲食店の選び方のポイント!その起業のコツとは

飲食店とは物件がいくつもあります

飲食店用の物件というのは、いくつもありますが、やはり賃料がとても重要な要素になります。そこで食事を提供することによって、利益を出そうとしているわけですが、問題は客単価であり、そしてそこに掛かる賃料になります。それが最終的には利益に大きく影響してくるような要素になっています。ですから、少しでも安いところで開業するのがコツになります。出来るだけ、お金を抑えることが利益に繋がって行くことになっていきます。

居抜き物件というもの

世の中には面白い店舗物件があります。それが居抜き物件であり、途轍もなくメリットがあります。具体的には残されていた道具をそのまま使うことができます。場合によっては、冷蔵庫のような物すら残っていることがあります。つまりは、イニシャルコストがかなり下げられるようになっているわけです。居抜き物件というのは、このようにメリットがありますから、飲食店としてはこれを狙うのがとても良い方法であり、お勧めできます。

どのような需要があるのか

飲食といっても、その土地で需要があるのかどうかは料理の方向性によって違うことになります。多少、高級であれば遠方でも来てくれることはありますが、原則的にはそうした店ではなく、大衆的な店を開くのが多いです。つまりは、工場地帯やビジネス街などで店を開くことが基本的にはお勧め出来ます。あまり広すぎでも駄目ですし、小さすぎても駄目です。そのあたりのはバランスがとても大事になりますから、立地と店舗の広さはかなり重要です。

店舗物件はそのまま改装する必要もなく、店舗として活用する事が可能な間取りとなりますので、とても便利な物件です。

© 2018: Green Way