キッチンの収納スペースを有効活用!マンションリフォームの事例

キッチンシンクの下部分のリフォーム

キッチンの収納スペースが物足りなく感じている時に、ここをリフォームしておいて良かったと言われる事が多いのが、キッチンシンクの下部分です。排水パイプが邪魔になっているせいで、キッチンシンクの下の収納スペースが小さく感じるマンションは日本にも沢山あります。その排水パイプの位置を少しリフォームしておくだけでも、キッチンシンク周りがとても広々として感じられて、収納スペースを有効活用していると感じられます。

頑丈な吊り戸棚をリフォームで取り付ける

自分でも取り付けられる設置型の吊り戸棚と違い、マンションリフォームで取り付けられる吊り戸棚は、かなり頑丈に作る事が出来るのが利点です。大きい鍋だけでなく使わなくなった調理家電など、重たい物も収納しておけるスペースを頭上に作れるだけで、キッチンがとても広々として感じられることでしょう。収納スペースが足りないせいで、押し入れなどに調理家電を収納していた人は特に便利に思えるはずです。調理家電を使いたくなった時にも、キッチンから直ぐに取り出す事が出来ます。

あえてキッチンシンクを小さくするリフォームもある

マンションによってはキッチンシンクが、とても広々として作られている事もあり、広い分だけ調理がしやすいと喜ばれています。しかし人によってはキッチンシンクよりも、収納スペースが広々としている方が嬉しいと感じられる事も多いです。だからこそマンションリフォームを受ける人の中には、あえてキッチンシンクを小さく作り直してもらう人もいます。シンク周りが広々と使えるようになった分だけ、小さな棚などを設置できるようになたりと、収納スペースの大きさにこだわる人達にも好評です。

マンションリフォームの予定があるなら、まずは複数の業者に見積もりを依頼すべきです。納得できる費用や工期、デザインのリフォームを実現することができます。

© 2018: Green Way