ブロードバンド物件には要注意!?しつこい勧誘を受けることもある

分譲賃貸マンションのブロードバンド対応物件は安心

分譲賃貸マンションでは、管理組合による一括契約が行われているブロードバンド回線を入居者も利用可能な場合があります。あくまでも部屋に付属する機能としてブロードバンド回線が提供されているので、契約者はオーナーというパターンが一般的です。月額料金を払う必要なく利用出来る点から、お得さが目立ちますが利用規約については必ず守らないと利用自体が出来なくなることに注意が必要となります。あくまでもオーナーが契約している回線を使えるにすぎないからです。

ケーブルテレビ対応物件は最も避けたい

ブロードバンド回線が賃貸物件に付いていると言っても、種別がケーブルテレビだった場合には多くの場合ではwifi環境をマトモに構築出来ないほどの速度にがっかりするでしょう。なぜなら、双方向通信が主流となっているwifi経由でスマートフォンやタブレットを使う際には、上り下り共に20Mbps程度必要になります。しかし、ケーブルテレビでは下り速度の宣伝をしますが、上り回線速度は意図的に隠されていることもあり、2Mbpsまたは10Mbpsが最大値となってしまうので、昔のADSL以下の速度にしかならない状態です。最終的に個別に光回線を入れることになるので、ケーブルテレビ対応物件は避けることが無難です。

光配線方式のブロードバンド対応なら歓迎

ブロードバンド回線に対応している賃貸物件の中で、光配線方式に対応している物件ならば選択肢に入れると良いでしょう。地域限定にはなりますが、中には地デジやBSを光配線方式経由で受信出来るケースもあるので、ブロードバンド回線付きの賃貸物件は光配線方式に限定して探すと満足出来ます。ブロードバンド回線の種類は、日常生活でも重要な役割を果たすようになっているので、賃貸物件探しを行う際には慎重に検討する必要があります。使い物にならない品質の回線が付属で付いていても、家賃が高くなるだけで意味が無い点に注意したいものです。

桑園の賃貸を探している場合には、交通アクセスや周辺環境を調べることが大事です。通学や通勤の時間を短縮できる上に、買い物をしやすい賃貸を選びましょう。

手稲の賃貸の詳細はこちら
大谷地の賃貸はこちら
© 2018: Green Way