Archives

now browsing by author

 

ブロードバンド物件には要注意!?しつこい勧誘を受けることもある

分譲賃貸マンションのブロードバンド対応物件は安心

分譲賃貸マンションでは、管理組合による一括契約が行われているブロードバンド回線を入居者も利用可能な場合があります。あくまでも部屋に付属する機能としてブロードバンド回線が提供されているので、契約者はオーナーというパターンが一般的です。月額料金を払う必要なく利用出来る点から、お得さが目立ちますが利用規約については必ず守らないと利用自体が出来なくなることに注意が必要となります。あくまでもオーナーが契約している回線を使えるにすぎないからです。

ケーブルテレビ対応物件は最も避けたい

ブロードバンド回線が賃貸物件に付いていると言っても、種別がケーブルテレビだった場合には多くの場合ではwifi環境をマトモに構築出来ないほどの速度にがっかりするでしょう。なぜなら、双方向通信が主流となっているwifi経由でスマートフォンやタブレットを使う際には、上り下り共に20Mbps程度必要になります。しかし、ケーブルテレビでは下り速度の宣伝をしますが、上り回線速度は意図的に隠されていることもあり、2Mbpsまたは10Mbpsが最大値となってしまうので、昔のADSL以下の速度にしかならない状態です。最終的に個別に光回線を入れることになるので、ケーブルテレビ対応物件は避けることが無難です。

光配線方式のブロードバンド対応なら歓迎

ブロードバンド回線に対応している賃貸物件の中で、光配線方式に対応している物件ならば選択肢に入れると良いでしょう。地域限定にはなりますが、中には地デジやBSを光配線方式経由で受信出来るケースもあるので、ブロードバンド回線付きの賃貸物件は光配線方式に限定して探すと満足出来ます。ブロードバンド回線の種類は、日常生活でも重要な役割を果たすようになっているので、賃貸物件探しを行う際には慎重に検討する必要があります。使い物にならない品質の回線が付属で付いていても、家賃が高くなるだけで意味が無い点に注意したいものです。

桑園の賃貸を探している場合には、交通アクセスや周辺環境を調べることが大事です。通学や通勤の時間を短縮できる上に、買い物をしやすい賃貸を選びましょう。

知っておきたい!部屋を探す時の「優先順位」の決め方

あらかじめ優先順位を決めておくと便利

部屋探しをする時は、おしゃれなエリアに住みたいとか、LDKタイプの間取りがいいといった希望条件があれこれ浮かんできますが、予算を考慮すると無理な場合も多くあります。ですので不動産屋などに相談する際は、あらかじめ希望条件の優先順位を決めておくと話をスムーズに進めることができます。特に、1月~3月などのオンシーズン(部屋探しが多いシーズン)の場合は、すぐに借り手が決まってしまうことも多いため、希望条件の優先順位を決めておくことは重要になります。

一人暮らしの優先順位

一人暮らしの場合なら、学校での勉強や会社での仕事といった本業を重視することがポイントになります。休日をエンジョイすることも必要ですが、平日通うことになる学校や会社に通いやすい環境を選んだほうが、生活の充実度は高くなると言えるでしょう。ですので、学校や会社に近いエリアというのがベストですが、家賃の都合で郊外などの離れたエリアを選ぶ場合は、できるだけ交通アクセスの良い場所を選ぶなどの工夫が必要になります。また、昼間は部屋に居ないのであれば、日当たりの良さなどはあまり考慮しなくてもよいと言えるでしょう。

家族暮らしの優先順位

家族暮らしの場合は、一人暮らしと違って自分の都合だけで優先順位を決めることはできません。会社へ通いやすいエリアを選ぶことも重要ですが、子どもがいる場合や将来子どもを作る予定がある場合は、子ども中心で優先順位を考えるのがポイントになります。ですので子どもがいる場合などは、保育園や幼稚園といった子どもを預ける施設が近くにあるということが重要な条件ということになるでしょう。また家族暮らしに便利な設備としては、追い炊き機能のあるお風呂や、雨の日も洗濯ができる浴室乾燥機などがあります。

琴似は飲食店がとても多いエリアです。なので、琴似の賃貸は居抜き物件が多いという特徴があり、格安で借りることが可能です。

マンション経営において重要であることは!

イニシャルコストを下げること

マンション経営でも何でも同じことがいえるのですがイニシャルコストを下げることが重要になります。要するにまず最初の投資金額を下げる、ということです。はっきりいってマンションというのは相当に高額なものです。マンション経営をするともなりますと何千万円かは確実にかかることになります。一から建てるとなりますと億円単位になることは必須です。それでもやるのであれば最初の投資金額を可能な限り下げるのがコツになります。

家賃の設定に関すること

相場というのがやはりマンション経営における家賃にも存在しています。当たり前ですが高くなりますと人がなかなかこなくなります。安くしますと空室が埋りやすくなることでしょう。しかし、それはそのまま収益率が下がることに繋がります。そのあたりの微妙なバランスをしっかりと配慮できるようになる必要が、マンション経営には必須になるのです。そこのところをよく理解して経営をしましょう。ある程度は周りに合わせることです。

管理費に関することについて

マンションは自分の物であるわけですから、管理もする必要があります。管理費、という形で徴収はしていますから、それを使うことになります。そして、修繕費も家賃の中からひねり出して、積み立てておく必要があるのです。そこがなかなか難しいことになりますから、覚悟しておかないといけないのです。後は保険などの経費もかかることになります。管理費とは別になりますがとにかく積み立てることがかなり肝心になってくるのがマンション経営の将来設計なのです。

トラストインベストメントは、不動産のコンサル業務や不動産の売買又は不動産の賃貸管理を主な業務とする企業です。

探せばいろいろある…条件を満たしてくれる賃貸住宅!

賃貸物件の定番はこれだ!

賃貸暮らしを始める時に探す部屋としては、ワンルームマンションでしょう。賃貸物件探しから初めてのひとり暮らしをイメージされる人も多くいるのではないでしょうか。ワンルームの造りはひとり暮らしに最適です。6畳や8畳などのサイズの違いもあるし、10畳以上もある広いワンルームもあります。ワンルームの賃貸マンションでもコンパクトな部屋もあれば、開放感のある広いサイズの部屋もあるので、好みや生活のスタイルに合わせた選び方ができるでしょう。

二階も使える物件とは?

賃貸マンションや賃貸アパートの間取りと言えば、一階層からなる部屋がごく普通の賃貸です。最近増えているのが、メゾネットという間取りの賃貸住宅です。メゾネットの賃貸は、集合住宅でありつつも、貸し出す部屋が二階層になっているという物件です。部屋が一階と二階の縦割りで造られていますから、一軒家に住んでいる感覚があります。ちょっとリッチな雰囲気もある間取りで、メゾネットに惹かれて入居する人も結構いるのです。

ギターやピアノが弾ける物件!

自分の部屋という場所は小さなお城とも呼ばれます。好きなことを自由気ままにやりたい、そんな時にあるのが自分のお城と呼べるような自分のだけ部屋でしょう。賃貸住宅でひとり暮らしをしている方は、休みの日に好きな時間にと、自分の趣味を満喫できます。他人に迷惑がかからない趣味であれば、どんなことでも楽しめるはずですが、楽器などの趣味なるとそうそう自由に楽しめません。楽器を弾けば周りに住んでいる人に響きますから、なかなか練習も出来ないでしょう。ギターを弾きたい!ピアノを練習したい!というような方にオススメなのが、楽器演奏可の物件です。演奏を趣味としている人のための物件も探せばあります。

札幌の賃貸マンションは、入居手続きも簡単ですし、ローンの審査もないので、一戸建てに暮らすよりも気楽に暮らすことができます。

注文住宅で理想の家づくり!選ばれている3つの理由

建物住宅にはない!自由度の高さが魅力!

マイホームを建てる際には、外観・内装のデザインや設備といった様々な面で理想や希望がありますよね。長期間生活する事になるので妥協したくないといった方は多いと思います。そんな方から人気となっているのが注文住宅です。設計の段階から意見を伝える事が出来る事で同じようなデザインや間取りとなる建物住宅にはない個性を出す事が可能です。細かな箇所までこだわりのある満足度の高いマイホームを建てれるといった点は大きな魅力ですよね。

予算の調整が自由に出来る!

注文住宅には、予算を振り分けも購入者が決める事が出来るといった特徴があります。マイホームの中で滞在する時間の長いリビングには最新の設備を導入して、あまりこだわりのない箇所は予算をかけないといった調整をする事が出来るんですよ。使用する建築材料を指定したといった方も珍しくありません。また、予算の調整を施行会社や担当者に相談をする事も可能です。専門的な視点から見たアドバイスをしてもらえるので安心出来る家づくりを計画出来ます。

建設途中に見学が出来る!

注文住宅には「住宅性能表示制度」があります。第三者機関が検査をして安全性を確認してもらえるので安心感を得る事に繋がりますよね。また、事前に連絡をする事で建設途中であっても見学をする事が出来ます。徐々に完成する様子を見る事でマイホームを購入した実感を味わえるといった意見も多くあります。その際に現場の責任者の方に不明点や疑問点を質問する事が出来るので、分からない事がある場合には積極的に聞いてみると良いでしょう。

注文住宅を建てる場合には建築会社選びが重要なポイントになります。会社によって強みがそれぞれなので、口コミ情報などで調べることをおすすめします。

1か月で売れた!?マンション売却の秘訣とは

大切なパートナー選び

マンションの売却は、あなたの人生で最も高額な取引の一つとなるでしょう。そんな一大決心を二人三脚で支えてくれるパートナー選びは、最も重要なポイントの一つと言って過言ではありません。売り手であるあなたに寄り添って親身に動いてくれるパートナーを選びましょう。パートナーとなる不動産業者として、最近では販売専業の不動産業者がネット上に登場しています。100%売り手に寄り添って活動してくれるのは心強い限り。そうした業者を候補の一つに加えて検討してみてはいかがでしょうか。

マンション販売もタイミングが大切

中古マンションが動く時期というものがあります。典型的な時期としては1月から3月があげられます。就職、転勤、転職などの理由で4月からの新生活に向けて、新居を探す買い手が増える時期でもあります。この時期は、不動産業者も隠し玉を投入してくるため、ライバルが多くなることは否めません。それでも、検討者の絶対数が多い時期を狙うのは十分に合理性のあることです。販売物件の周辺マンションの動きも重要な要素の一つです。ライバルの少ない時期を狙うか、類似物件に敢えてぶつけて条件や価格の優位性を出すことも検討するべき案件の一つです。

物件を魅力的に見せて第一印象をアップ

よほど素材に自信があるのならともかく、お見合いパーティーに行くのに、すっぴんノーメイクに普段着で行く人はいませんよね。中古マンションだって同じです。適切なおめかしをすることによって、素材の良さを引き出し、欠点を目立たなくすることが可能です。中古マンションに家具などを配置し、まるで新築マンションのショールームのように仕立てあげるホームステージングサービスなどを上手に利用して、第一印象アップに努めましょう。マンション売買も一期一会。部屋に入って数秒の第一印象が購入の決め手になることも多いのです。

マンションの売却を円滑に行うためには、ウェブサイトで見積もりを依頼するべきです。その上で満足できる業者を選んで、売却を進めるのが良い方法です。

年々便利に!賃貸マンションの新しいサービス

二十四時間ゴミ出しができるゴミステーションは便利

毎週決まった日にしかゴミが出せないのは困りものですよね…。ゴミの時間になれば、近所の人に顔を見られてしまうのも嫌なものです。女性ならゴミ出しのためだけにお化粧をしなければならないこともあるでしょう。賃貸マンションはその点でも便利になってきています。ゴミステーションを設置している賃貸マンションなら、二十四時間いつでも好きなタイミングでゴミ出しができます。ゴミ出しの際に人に会う確率も減らせるので最高ですよね。

ディスポーザーがあれば生ごみの処理に困らない

賃貸マンションでは、生ごみの処理に困ることも少ないです。なぜなら、ちょっとレベルの高いマンションにはディスポーザーが付いていることがあるからです。ディスポーザーがあれば、生ごみを粉砕して、そのまま下水道に流すことができます。いちいち三角コーナーを設置して毎日出る生ごみの管理をしなくてもよくなります。賃貸マンションでは、生ごみを冷凍して悪臭予防をしている人もいますが、ディスポーザーがあればそうした行為は必要なくなります。

防犯カメラが設置されているマンションも増加中

賃貸マンションの中には、防犯対策に力を入れているところもあります。女性が一人暮らしをするときには、こうしたマンションを選ぶのがセオリーでしょう。防犯カメラが設置されているマンションなら、不審者の情報を住民で共有することができます。ストーカーの被害を事前に予防することができるので便利でしょう。オートロックがついていたり、高い塀が設置されていたりして、安全面では一戸建てを凌駕しています。二階以上の部屋なら、犯罪とは無縁でいられますね。

賃貸紹介サイトと言うものがあります。自分の好みの条件の物件をピックアップしてくれ、さらにメールアドレスを登録すれば定期的に情報を発信してくれます。

キッチンの収納スペースを有効活用!マンションリフォームの事例

キッチンシンクの下部分のリフォーム

キッチンの収納スペースが物足りなく感じている時に、ここをリフォームしておいて良かったと言われる事が多いのが、キッチンシンクの下部分です。排水パイプが邪魔になっているせいで、キッチンシンクの下の収納スペースが小さく感じるマンションは日本にも沢山あります。その排水パイプの位置を少しリフォームしておくだけでも、キッチンシンク周りがとても広々として感じられて、収納スペースを有効活用していると感じられます。

頑丈な吊り戸棚をリフォームで取り付ける

自分でも取り付けられる設置型の吊り戸棚と違い、マンションリフォームで取り付けられる吊り戸棚は、かなり頑丈に作る事が出来るのが利点です。大きい鍋だけでなく使わなくなった調理家電など、重たい物も収納しておけるスペースを頭上に作れるだけで、キッチンがとても広々として感じられることでしょう。収納スペースが足りないせいで、押し入れなどに調理家電を収納していた人は特に便利に思えるはずです。調理家電を使いたくなった時にも、キッチンから直ぐに取り出す事が出来ます。

あえてキッチンシンクを小さくするリフォームもある

マンションによってはキッチンシンクが、とても広々として作られている事もあり、広い分だけ調理がしやすいと喜ばれています。しかし人によってはキッチンシンクよりも、収納スペースが広々としている方が嬉しいと感じられる事も多いです。だからこそマンションリフォームを受ける人の中には、あえてキッチンシンクを小さく作り直してもらう人もいます。シンク周りが広々と使えるようになった分だけ、小さな棚などを設置できるようになたりと、収納スペースの大きさにこだわる人達にも好評です。

マンションリフォームの予定があるなら、まずは複数の業者に見積もりを依頼すべきです。納得できる費用や工期、デザインのリフォームを実現することができます。

失敗しないために!賃貸を探す際に知っておきたい3つの事

家賃の相場を調べておこう!

賃貸を探しす際に、家賃の相場を知っておく事はとても重要いなります。なぜなら家賃の相場を知っておく事で、高すぎる物件を選ぶ可能性なくなるからです。さらに安すぎる物件も把握する事が出来るため、注意して見る事が出来ます。相場よりも安すぎる物件は、何かある可能性が高くなりますので、不動産会社の人に聞いて見るのが良いでしょう。家賃の相場は不動産会社や賃貸情報の雑誌などで、確認する事が出来ますので賃貸を探す際には事前に確認しておきましょう。

家賃以外に必要な費用を把握しておこう

毎月かかる費用は、家賃だけではありません。例えば大型マンションなら、家賃以外にも共益費や管理費などが必要になってきます。また駐車場を必要とする場合には、毎月の駐車場代も必要になってきます。他にも、毎月かかってくる光熱費や通勤や通学に必要となる費用なども含めて計算しておくようにしましょう。全てを計算した上で、自分の予算に合う部屋を見つける事がとても重要になりますので、まずは毎月必要となる費用の計算を行うようにしましょう。

家賃を交渉してみよう!

家賃が、もう少し低かったらと思う方も多いのではないでしょうか?家賃は交渉出来るので、やってみましょう。ただし交渉する前は、家賃の相場を知っておく必要がありますので事前に確認しておきましょう。実際に家賃を交渉するのに有効的な時期は、7月から9月になります。その理由として、この時期は引っ越しをする人が少ない傾向にあるため、大家さんは出来るだけ空き部屋を埋めたい思いがあるのです。もしこの時期に賃貸を探している方は、交渉次第で安くなる可能性も高くなりますので試してみましょう。

旭川市の賃貸マンションは、地震に強い賃貸マンションとなっていて、鉄筋コンクリートで造られているので非常に丈夫な賃貸マンションです。

© 2018: Green Way